3/25 3/28 4/1 苗木とミツバチと石拾い

3/25
この日は、レモンなど柑橘類の苗木を植え付けました!
今回植え付けした品種は、
・ピンクレモネード
(葉が斑入りで身がピンクのレモン)
・リスボンレモン
(いわゆる一般的な「レモン」の品種)
・文旦「紅まどか」
(文旦類の中でも耐寒性の強い品種)
・スイートスプリング
(上田温州みかんと八朔の掛け合わせ)
の4品種を10本ずつ、計40本です。
柑橘類の中でも比較的耐寒性が強いものや、樹勢が強めで無肥料でも育てやすそうな品種を中心に選定しました。
苗木の準備が間に合いませんでしたが、先々は桑やビワ、ブルーベリーやアーモンドも植えてみたいと考えています。
果樹を植える経験は初めてなので、どういう成長を見せてくれるか楽しみです!
また、今回から新メンバーが加わり、人手が一気に増えました。
作業前はこの数の苗木を植えるのは正直大変かも。。?と思っていましたが、皆さんの頑張りのお陰で樹間の計測から植え付け、水やりまでどんどん作業が進みました。
やはりメンバーが多ければ仕事も捗るし楽しいものだな〜と実感しました。
これからもっと楽しく賑やかな集まりにしていきたいですね!

3/28
この日は、関野さんに立ち会って頂いてミツバチの巣箱を据え付けました。
いわゆる「重箱式巣箱」と呼ばれるタイプのものです。
合わせて日本ミツバチの分蜂を呼び寄せるための誘引剤を取り付けました。
分蜂とは春にミツバチの巣に新しい女王蜂が生まれた際、古い女王蜂が巣の半数ほどの蜂を連れて新居を探し、引っ越しする事です。
その引っ越し群を呼び寄せて巣箱に住んでもらおう、という狙いです。
しかし、日本ミツバチは数が減っているうえ、本来は林の中や直射日光が少ない薄暗い所を好むようで、今の圃場の感じで呼ぶのは難しいかも知れませんが。。
これも私自身始めての試みなので、ご近所トラブルなどの気兼ねなく巣箱を置かせて頂ける環境ならとにかく置いてみよう!という考えです。
他にも自作で作った巣箱を、妻の実家裏手の木陰に置いたりなどしています。
他にもまだ置き場所募集中です。置いて構わない場所がもしありましたら教えてくださいませ〜!

4/1
この日は苗木の水やりと、関野さんがトラクターで耕運した場所の石拾いを中心に作業しました。
苗木は一部弱っている雰囲気のものもありましたが、概ね元気そうで安心しました。
苗木にたっぷり水やりした後は、ひたすらゴミや石を拾うという、なんとも地道な作業(笑)
とはいえ、今まで耕作されていなかった場所はやはりゴミや石が多く、今後の作業のしやすさを考えると地味ながらも大切な作業です。
これからも耕運のたびに埋もれていた石は出てくるでしょうから、都度継続して行っていく必要があります。
また、今日は試しに最寄りの柳瀬川駅から圃場まで実際に歩いてみました!
田んぼの中の農道を歩いておおむね15分程度で着いたので、案外近いですね〜。
気候も良く、ついでに花見も出来たので良い散歩になりました(^^)

次回(4/15)はパイプハウスの組み立てとマルチ張りを予定しています。
ますます畑らしくなっていきますね!